ホーム » 2017 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2017

A aces with B.

A aces with B.

意味:BがAに敬意を払う

使用例
A: I hate that Math teacher(あの数学の先生は嫌いだ)
B: its okay with personal feeling but you should ace with him atl all(個人的な感情はともかく君は彼に敬意は払うべきだよ)

ace」というスラングはトランプのエースに由来しています。形容詞として使う時には「一番」または「評判が一番高い」という意味になります。例えば、素晴らしい記者のことを「ace reporter」と言います。とても上手な野球選手は「ace baseball player」と言います。 日本語のエースと違って、英語の「ace」は必ずしも一番ではなく、上手や素晴らしいという意味になります。

「ace」を動詞として使う時には、他の人に勝ったという意味になります。この使い方は特にテストを受ける学生が使います。例えば誰かが簡単にテストに合格したら、以下のような台詞が適切です。

Man, I really aced that test!
あのテストでめちゃくちゃいい点を取ったよ!

 

Vice versa

Vice versa(ヴァイス ヴァーサ)

意味:逆もまた同じ

使用例
A: I’m sure she loves him.(きっと彼女は彼のことが好きだよ。)
B: And vice versa?(逆もありだろうか?)

vice versa」は「逆も同じ」という意味になります。ネイティブは、「and」と「vice versa」を文章の最後に付けえ、先ほど言ったことの反対も正しいという意味で使います。

 

What is in my interest is also in yours and vice versa.
私の利益はあなたの利益でもあり、またその逆もしかり。

When I’m free, you’re busy, and vice versa.
私に時間があってもあなたは忙しいし、反対の場合もあるわ。

And vice versa?
その逆はどうですか?

大抵、逆の状態を説明するのが少々面倒な時に、「vice versa」を使います。そのため、フォーマルな英語では、「vice versa」はあまり使われていません。代わりに、「the opposite is also true」などのフレーズが良いと思います。

Keep it down.

意味:お腹に(食べ物を)流し込む、音を立てないように静かにする

 使用例
A: OK, try this salmon mousse.(じゃあ、このサーモンのムース試して。)
B: It’s creamier than the other one.(前のよりもクリーミーだな。)
A: Yeah, well, is that better?(あの、それってマシってこと?)
B: I don’t know. I’m just happy I’m keeping it down, you know?(知るかよ。吐き出さないだけマシだろ、な?)

Keep it down.”
という言い方をすれば、これは、
やや命令口調の
「静かにして」とか
「言わないで」という意味になります。

“Let’s” の代わりとして、例えば、
“We should keep it down.”
であれば、
「言わない方がいいよね」
「内緒にしとこうね」
という感じの意味になりますので、例えば、
友達と、ちょっと内緒にしておきたい
話題などがあれば、
“We should keep it down.” で
「まだ言わないでおこう」
となるわけです