ホーム » 2017 » 11月

月別アーカイブ: 11月 2017

That’s that.

That’s that.(ザッツ ザット)は、それはそれで仕方ない。という意味があります。

使用例
A:Why did you break up with her?(どうして彼女と別れたんだ?)
B:She has loved another guy so that’s that.(他に好きな奴がいたんだ、まぁそういうことだ。)

that’s thatイディオムの意味をニコくんが説明してくれます・・・
nico
”This idiom describes when a final decision has been made by someone,the matter if finished and cannot be changed.”
このイディオムは、誰かが最終的な決定をして、そのことが終わってしまっていたり変えられないということを表現できるよ。

”that’s it”も同じような感じで使えます。

that’s thatは、「もうおしまい、もうそれでいい」などと訳せると思います。
実際の英会話例でどのように使うか理解しましょう。

ポイント英会話文例1:
A.Why are you not studying for your exam tomorrow?
なんで明日のテストの勉強しないの?

B.I’m tired,I don’t want to study today and that’s that!
しんどいし、今日は勉強したくないんだ、もうそういうこと!

ポイント英会話文例2:
A.I decided to quit my job and that’s that!
仕事やめることにしたんだ、もうそれでいいんだ。

 

 

The world is your oyster.

The world is your oyster.は、何だってできるさ。という意味があります。

使用例
A: I won the gamble today!(今日は勝ってきたぜ!)
B: Now the world is your oyster. How much did you win?(なら何でもやり放題じゃないか。でいくら勝ったんだ?)

the world is one’s oyster は、直訳だと「世界は(誰々)のカキだ」で、まったく意味不明ですが・・・
「この世界は自分の手にあるカキ(真珠貝)のようなもの。真珠もたやすく取り出せる。」そんな解釈からなのでしょう、求めれば何でも得ることが出来るし、どこへでも自由に行くことが出来る、「求めることは何でも思いのまま」というような意味になる表現。

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)の喜劇「ウィンザーの陽気な女房たち」(The Merry Wives of Windsor)の中に出てくる
~~~~~~~~~~
Falstaff:
I will not lend thee a penny.
Pistol:
Why, then, the world’s mine oyster, Which I with sword will open.
~~~~~~~~~~
という場面のセリフが由来となっています。( * thee = you , mine = my)

《 Cambridge Advanced Learner’s Dictionary & Thesaurus の例文 》
You’re young and healthy and you’ve got no commitments,
so the world is your oyster.
「きみは若く健康で、なにものにも縛られていない。世界はきみの思うがままだ。」

 

Walk it off.

Walk it off.には、耐えなさい。

使用例
A: It hurts to death!(痛すぎます!)
B: Walk it off man.(男なら耐えるんだ。)

I really got angry for that!

(マジでムカついた!)

Hey, you should walk it off!

(おい、頭を冷やせ!)

<1点集中ポイント:walk it off>

これは怪我をした時など、
「歩いて静めろ」という
意味を込めて良く使われます。

男性的な表現でそんな痛みで
うじうじしてないで「吹き飛ばせ!」
ぐらいの勢いです。

怪我にも使われますが、
例文のように「怒り」などに対しても
頭を冷やす意味で使われます。

また実際に食べ過ぎた時など
「歩いて消化する」という意味でも
使われますね。

それぞれのシーンで意味が変わりますが、

walk(歩いて)it(それを=怒り・怪我・
カロリー)off(離す)

このようなベースに持つ流れから
walk it offを場面で使い分けましょう。