ホーム » 2017 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2017

Dead tired.

Dead tired.(デッド タイアード)

意味:へとへと

使用例
A: Finally we’ve done it!(とうとうやり遂げたな!)
B: I’m dead tired now.(もうめちゃくちゃ疲れたよ。)

疲れたにはいろいろな表現があります。

I’m feeling tired.
I’m tired.
「疲れた。」
※feelを使うことで「疲労を感じる」というニュアンスになります。

I’m feeling slightly tired but I’m ok.
I’m slightly tired but I’m ok.
「少々疲れたけど大丈夫。」

I’m feeling quite tired.
I am quite tired.
「結構疲れた。」

I am mentally and physically fatigued.
「精神的にも、体力的にも疲れました。」

Working in front of a computer all day is tiring.
「一日中パソコンの前で仕事するのは疲れる。」

I’m tired from + ING
「(〜をしたため)くたびれた。」
例:I’m tired from waiting!
「待ちくたびれた。」

This job is tiring.
「この仕事は疲れる。」

I am jet-lagged.
「時差で疲れた。」

ものすごく「疲れた」時の表現

I’m worn out.
I’m spent.
I’m beat.
I’m whacked.
I’m dog tired
I’m exhausted.
I’m extremely tired.
I am pooped.
I’m feeling pooped.
「もうダメ!へとへとだよ!」

どれくらい疲れているかによって使い分けていきましょう。

in my book

in my book.(イン マイ ブック)

意味:私の考えでは

使用例
A: In my book, baseball is the most interesting sport in the world.(私が思うに、野球こそ世界一面白いスポーツだね。)
B: No, nothing is more fun than football.(いいや、サッカーより面白いスポーツなんてないね。)

A:Sorry I’m late. I had to work overtime…
(遅れてごめん。残業があって…)

B:Again!? In my book, you should get a new job.
(また!? 私としては、仕事を変えたほうがいいと思うよ。)

:You are always late.
(いつも待ち合わせ時間に遅れてくるじゃない。)

:You are over working.
(働き過ぎなのよ。)

A: I’ll sleep on it.
(ちょっと考えてみるよ。)

解説&応用

“in my book”で「私の意見としては」「私の意見では」という意味になります。

“in my book”を直訳すると「私の本の中」となりそうですが… “book”には「本」や「書籍」の名詞的な意味以外にも口語での意味として「規則」「基準」「規範」という意味があります。

そのため、「私の基準の中」つまり「私としては」という自分の意見を述べる意味で会話の中で使うことができます。

ちなみに“book”には動詞的な意味として「予約をする」「記入する」といった意味があったり、複数形の“books”にすると「名簿」「帳簿」という意味があったりと幅広い意味を持つ単語です。

ちなみに否定形の“not in my book”で「私はそう思わない」という意味になります。

A:Chocolate make us happy♡ Do you think so?
(チョコレートは私たちを幸せにしてくれるわ♡ そう思わない?)

B:Not in my book・・・
(私はそう思わないけど・・・)

っといった感じで、自分の意見ではそう思わないという否定をするフレーズとして使うことができます。

“sleep on it”は以前“Let me sleep on it”「ちょっと考えさせて」で出てきたフレーズですね。

その他の同類センテンス
“In my opinion”「私の意見では」
”in my judgment”「私の判断では」
”to my mine”「私の考えでは」

No bullshit.

No bullshit.本当だねという意味があります。

(意味:本当だね。

使用例
A: She is so cool.(彼女イケてるな。)
B: No bullshit.(本当だな。)

「bullshit」は「rubbish」というスラングと似ていますが、アメリカでもイギリスでも使われています。「bullshit」の意味は、「たわごと」、「嘘をつく」です。多くの場合、相手に強く反対したり、強く批判する時に使います。また、 嘘をついている相手に対して発言する時にも使えます。

 

例文:
1. 人A:I only do this because I care about you.
人B:That’s such a load of bullshit.

人A:あなたのことが大事だからこうしているだけだよ。
人B:嘘つけ!

上記の例文でもわかるように、多くの場合、「bullshit」の前に「a load of」
というフレーズをおきます。形容詞としても使えます。