ホーム » 2017 » 9月

月別アーカイブ: 9月 2017

Get over it.

Get over it.(ゲットオーバーイット)は、乗り換えるという意味があります。

意味:乗り越える

使用例
A: I’m disappointed at the horrible result of the test.(テストが散々な結果でがっかりだよ。)
B: It is the past. Get over it.(過去は忘れて乗り越えようよ。)

「get over it」は乗り越えるという意味になります。失恋の話では、友達が別れた時に 「Don’t worry, you’ll get over her.」というふうによく慰められています。意味は「心配しないで。彼女のことを乗り越えるよ。」他のつらい経験に対しても「get over」が使えます。最後に、「get over yourself」はわがままな人によく言われています。意味は「自分の気持ちの整理をつけて下さい。」です。
以下に「get over」を使う例文があります

Get over it
立ち直る、忘れる
「Get over something/someone」は失恋や仕事などで嫌な思いを抱えている状況から「立ち直る」またはその嫌な思いを「忘れる」を意味する表現。
失恋でクヨクヨしている友達に → 「Get over her!(あんな子忘れなよ)」
立ち直ってきた → 「I’m getting over it」
立ち直った → 「I’m over it」
この表現にの後に「It’s time to move on(次に進まないと)」が使われる事が多い。セットで覚えてみましょう

Get over it. It’s time to move on(忘れな。次に進まないと)
Dialog #1
A: I heard you didn’t get the job.

採用されなかったんだってね。

B: I’m over it. It’s time to move on

もう立ち直ったよ。次に進まないと。

Do you.

Do you.(ドゥーユー)

意味:(あなたの)真似をする。

使用例
A: Yeah, yeah. They even do you.(うん、マジよ。あなたの真似もやってたわよ。)
B: They do me?(俺の真似?)
A: You know like… uh okay… uh… ‘Could that report be any later?(そう、例えば…えっとそうね、あの…「このレポートこれ以上遅れられる?」とかね。)

 

真似をするには、ほかにも

copy – – (他動詞)まねる。ならう。

私の娘はいつも私の真似をする。
My daughter always copies me.

あなたはお姉さんの真似をしなさい(見習いなさい)。
You should copy your sister.

私は真似されるのが嫌いです。
I hate being copied.

真似しないでよ。
Do not copy me.

■ imitate – – (他動詞)まねる。模倣する。見習う。手本にする。

私はあなたの真似をします。
I imitate you.

最近ママのまねをするのよ。
Recently, he’s been imitating his mommy.

娘はいつも私の真似をする。
My daughter always makes impressions of me.

オウムは人の声をまねることができる。
A parrot can imitate human voices.

アレクシスは最近先生の真似をするのが好きです。
Alexis likes to imitate the recent teacher.

あなたは私の真似をしてはいけません。
Don’t imitate me.

■ mimic – – (他動詞)まねる。まねしてばかにする。

アレクサはものまね上手だ。
Alexa is a good mimic.

私もそれを真似しようかなぁ。
I wonder if I should mimic that.

そのカラオケバーは誰にも真似ができないような個性のあるお店です。
The karaoke bar has a distinct character that no one can mimic.

「copy」 は、「写す」「複写する」と言う意味で、元の物とそっくり同じようなものを作ろうとすることです。

「imitate」 は、「似せる」「模写する」と言う意味で、ふざけたりばかにしたりする意味を含みません。

「mimic」 は、人のことばや身ぶりをふざけたり、ばかにしてまねをすることです。

などがあります。

Why the rush?

Why the rush?は、何をそんなに急いでるの?という意味があります。

回のフレーズ : “What’s the rush?”
「何を急いでいるの?」シチュエーション : エレベーターに向かってミホが急いでいると、Rajにぶつかってしまいました。
Miho : Sorry!Raj : That’s okay. What’s the rush?

Miho : I’m late for my English lesson!
ミホ : ごめんなさい。

Raj : 大丈夫だよ何を急いでいるの?

ミホ : 英会話のレッスンに遅れてしまったのです。

フレーズ】 What’s the rush? 《ワッツダラッシュ》

【意味】何急いでるの?

【ニュアンス解説】相手がなぜそんなに急いでいる/慌てているのかを尋ねる
フレーズです。

【例文】

1.エレベーターにて

A.Oh, excuse me.
(あ、すいません。)

B.Mark? What’s the rush?
(マーク?何急いでるのよ?)

A.I’m late for the meeting.
(会議に遅刻だよ。)

2.夕飯時

A.What’s the rush?
(何を急いでるの?)

B.My favorite show’s starting soon.
(好きなテレビ番組がもうすぐ始まっちゃうんだよ。)

A.Slow down and chew your food well.
(落ち着いて、よく噛んで食べなさい。)

などのように使います。