ホーム » eigo の投稿

作成者別アーカイブ: eigo

absolutely

「absolutely」の意味《2》そうですよ
「absolutely」は返事で「yes」と同義で、「賛同」を意味し、「そうですよ」という訳になります。
「yes, absolutely」ということもあります。イギリス人は「quite so」ということもあります。

「absolutely not」も返事で「no」「no way」と同義で、「強い否定、拒絶」を意味し、「絶対ダメ、完全に違う」という訳になります。

「exactly」「definitely」「obviously」について
「absolutely」と近い意味で、形容詞や動詞を修飾したり、返事として間投詞的に使ったりする副詞が他にもたくさんあります。

わたしが米国留学時代によく聞いたものを下記にまとめてみました。

・exactly
・definitely
・obviously
・precisely
・compeletly
・totally
・for sure / sure / surely
・certainly(英国人が好む)
・quite so(英国人が好む)

absolutely

absolutelyの意味 – yes
最後に、「absolutely」は英語の「yes」や日本語の「うん」という働きもします。「yes」という英語が足りない時には、「absolutely」を間投詞として使います。

6. Would you like to go on a date with me?
Absolutely!
デートしない?
うん、是非!

「absolutely」の意味《1》絶対に、完全に
「absolutely」は強意語で、「完全に、まったく、絶対に」という意味です。

「absolutely」は「very」に似ていますが、「very」よりも強意的です。
厳密には「absolutely」と「very」は置き換えすることできません!!
「absolutely」はすでに「とても」という意味を含んだ「比較余地のない意味内容」の形容詞、副詞のみを修飾するからです。
つまり、
◯「very good」とはいえますが、
☓「absolutely good」とはいえません。
なぜなら、「good」には「とても」という意味合いは含まれていないからです。

一方で、
☓「very great」とはいわず、
◯「absolutely great」とはいいます。

「absolutely」を「very」と同じだと認識しないように注意しましょう。

「absolutely」は修飾できないほど強い言葉をあえて修飾するので、「クドい」表現で、イギリス人が好んで使う印象があります。
・absolutely brilliant
・absolutely wonderful
・absolutely amazing
・absolutely fantastic
・absolutely correct
などがよく聞きます。

例えば、「absolutely correct」は「絶対に正しいよ」というニュアンスで相手の言動なのに賛同するニュアンスでよく使われます。

わたしが米国留学時代、アメリカ人はさほど「absolutely」を使って形容詞を修飾しませんでした。単純に「You are awesome!」「That’s great!」「It’s amazing!」などと表現することが多かったです。

以前朝日新聞が「It’s absolutely astounding」を「マジで度肝を抜かれた」と訳したことも話題になりました。「absolutely」をスラング的に訳すると「マジで」でとなります。

少し長くなりましたが、例文をみていきましょう。

absolutely

absolutelyの意味 – yes
最後に、「absolutely」は英語の「yes」や日本語の「うん」という働きもします。「yes」という英語が足りない時には、「absolutely」を間投詞として使います。

6. Would you like to go on a date with me?
Absolutely!
デートしない?
うん、是非!

強く断りたい時も

また、何かを強く断りたい時にも、「absolutely」がぴったりです。

出典
「absolutely」の意味と使い方 | 英語 with Luke

Hey, you really like that girl, don’t you?
Absolutely not!
ねえ、あの子のことが好きなんでしょ?
全然好きじゃないよ!

『absolutely』とは〜

「absolutely」という英単語は「絶対に」や「完全に」という意味になります。これは、「very」という言葉に似ていますが、「very」より表現力が高くて、「very」を使いすぎる癖がある人にとって、「absolutely」はとても役に立ちます。

 

 

absolutely

まず、「absolutely」は副詞なので、多くの場合形容詞を修飾します。この場合、 「完全に」または「絶対に」という意味になります。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. You are absolutely hilarious!
君は本当に面白いね!

2. You are absolutely brilliant!
あなたは本当に頭がいいよ!

3. You are absolutely correct!
100パーセント君が正しいよ!

ちなみに、3つ目のフレーズをよく耳にしますが、「私はあなたに賛成するよ」という意味でよく使います。
absolutelyの意味 – 断りたい時
また、何かを強く断りたい時にも、「absolutely」がぴったりです。

4. Do you want to kiss me?
Absolutely no way would I ever want to kiss you in a million years!
ねえ、僕にキスをしたい?
100万年たっても、あんたとは絶対にキスしたくない!

5. Hey, you really like that girl, don’t you?
Absolutely not!
ねえ、あの子のことが好きなんでしょ?
全然好きじゃないよ!