ホーム » 未分類 » Sorry or excuse

Sorry or excuse

 

上の例を見ると、「sorry」はやはり自分が悪いことをしたのを認めているという意味合いが強いですね。また、自分は残念に思っているというニュアンスもあります。その一方で、「excuse me」は失礼なことをしたけど、自分には責任がないと思っています。
例えば、自分が咳をしたとしても、わざと咳をしたわけではないので、「excuse me」と言います。また、会話が聞こえない時には、自分のせいではなく、相手が小さい声で喋っていたり、耳が自然と遠くなってしまった場合があるので、「excuse me」と言います。こういった意味合いがあると思いますが、やはり僕が先ほど言ったように、ネイティブは「excuse me」と「sorry」をきちんと使い分けていません。責任を感じて、「excuse me」という時もあります。「失礼しました」という意味で「sorry」という時もあります。めちゃくちゃですね!
いくつかの例を挙げてみましょう。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です