ホーム » 未分類 » abs

abs

アメリカのテレビでは、「great abs」についての様々なCMが流れています。なぜなら、多くのアメリカ人がこの「great abs」を求めているからです。では一体このスラングの意味は何でしょうか。

実は「abs」は「abdominal muscles」の略語で、意味は「腹筋」になります。油っこく量も多いアメリカの食生活の中で普通に暮らしていたら、「great abs」を手に入れるのはとても難しいと思います。しかし、やはり多くの女性は引き締まったお腹を理想としています。男性は「six pack」と呼ばれる、くっきりと腹筋が6つに割れているお腹を求めています。それなので、「great abs」についてのCMが多く流れているのでしょう。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

腹筋が6つにきれいに割れているおなかのとこを

Six pack abs

「シックス パック アブス」

といいます。AbsはAbdomen(おなか)の略です。

アメリカ人はこのSix pack abs を目指して日ごろから努力しているのですね。

To get six pack abs you need to do two things: Build muscle and lose fat.

「トゥー ゲット シックス パック アブス ユー ニード トゥー ドゥー トゥー シングス。 ビルド マッスル アンド ルーズ ファット」

「きれいに6つに割れたおなかを手に入れるには、2つのことをする必要がある。筋トレと脂肪を減らすことです」

脂肪はfatです。

おなかのもうひとつの言い方はbellyです。

ベリーダンスのベリーですね。

ちなみに日本の学校で習うStomach(ストマック)は胃です。内臓のことですのでご注意を。学校ではStomachばっかり習ってたような気がします。

体の部位の呼び方ってあんまり学校では習わないんですけど、普通に会話でよく出てくるので覚えておきましょう。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です