ホーム » 小学校からの英語

小学校からの英語

日本人は英語が苦手です。
中学、高校、大学と相当な英語の授業時間を確保しているのに、他の国の人より英語力が劣っています。
これは日本という国が、日本語だけで暮らしていける島国ということも関係しているのかもしません。
英会話を披露する場所が、使う場所が少ないのです。
使う場所がないと、だんだん記憶が薄れるのはもちろんのこと、英会話を使ったコミュニケーション自体が出来なくなります。
身近に感じることが出来ないため、発することに躊躇してしまうのです。

そこで、義務教育である小学校からの英語の授業導入に繋がりました。
小学校では、英会話のコミュニケーションの下地をつくり、英語に慣れ親しんでいくことを目的にします。
中学ではその下地を形に変えていき、高校でコミュニケーションの仕上げという展望です。

思春期前の小学生は、羞恥心というものがまだ完全ではありません。
だから、子どもは大きな声で騒いだり、はしゃいだり出来ます。
この特徴は、英会話の上達にはもってこいです。
少し間違ってもどんどん声に出します。反復出来ます。
大きな声でコミュニケーションが取れます。
そして、なにより英会話や英語に興味をもつこと、親しみを持つことが出来ます。

今からの国際社会の未来を担っていく子どもたち。
まずは英会話を身近なものに、そして国際的なコミュニケーションがとれる人材を育てていく。
小学校の英語授業導入は、未来に期待できる素晴らしい取り組みです。